第2回 クリエイターEXPO 東京

  • 0

    • イラストレーターとして出展しました、
      第2回 クリエイターEXPO 東京(7月3〜5日 東京ビッグサイト)が無事終了しました。
      ご来場下さったクライアント様、声を掛けて下さったたくさんの方々、
      そしてクリエイター仲間のみなさん、この度は本当にありがとうございました!

      「クリエイターEXPO」で検索してこのブログに来て下さる方がとても多く、
      来年以降出展を考えている方が読まれるかもしれませんので、
      当たり障りない程度にですが、詳しくまとめていきたいと思います。


      ブースはこんな感じでした。
      壁一面に書き下ろしたイラストを貼ってみました。
      イラストが他の方と比べると淡い感じなので大きさ勝負にしてみました。
      「やさしい」「やわらかい」と感想をたくさん頂きました。


      配布したのは、名刺・三つ折りフライヤー(600枚はポストカードのオマケ付)
      それと希望者に32PのA4冊子をお渡ししました。
      フライヤーは約1400枚配布、冊子は名刺と交換を原則に、150冊程お渡ししました。
      私は終日手渡しでチラシを配布していました。
      座っていた方が気軽に話しかけてもらえるなど、賛否両論有りますが
      ブース数が多いのでとりあえずチラシを貰って検討する方も多いかなぁと…

      壁面には新規のものを描いたのですが、フライヤーを開き、実績をみて
      「あ、今度お仕事出来たらと思っていたんです」といった感じでUターン頂いた例も。
      結局壁ではもっと実績を見せた方が良かったのかもしれません。
      一応出版物なども棚に並べていましたが、視線が行くのはやっぱり壁面だと思います。


      ブース位置は、実力者揃いの列ですごい刺激になりました!

      私は教育・絵本・メディア(web、アプリ)・編集プロダクションなど、
      既存のクライアント層に近いところと多くお話させて頂きました。
      「今度依頼したいと思っていて挨拶に来ました!」という方も!(有り難うございます)
      教育系媒体でもっと仕事を広げて行きたいと思って出展していたので良かったです◎
      絵本を描いているなら読みたい、との声も驚くほど頂きました…ドキドキ!

      お隣がペーパークラフト作家・まつもとやすたかさんだったのですが、
      全く商談していた相手が異なったと思います。
      見せ方、売り込み方で声を掛けてくれる方は全然変わってくると思います。
      会期中は本当に色々な方がご来場しています。
      どんな方にどんな自分を売り込みたいのか、
      しっかり目的とビジョンを持って準備を進めて行くのが大事だと感じました。

      それに加え、自分の特徴をもっと推し出して行けば良かったとも感じました。
      例えば「水彩絵具ですか?時間かかりますよね??」…すごい聞かれました。
      フルデジタルで温もりを出せること、作業時間が速いことを喜ばれる(…筈!)ので
      壁やチラシに大きく書いてアピールしても良かったなぁ…と。


      フリーになって2年半、こういったイベントに出展する事が初めてだったので
      たくさんのクリエイターの方々と話をする事も出来たのは嬉しかったです!
      写真は終了間際、出展者で学生時代からの友人・蔵澄咲帆ちゃんと♡

      5年以上前、デザインフェスタに参加したことも有りますが全く別物です。
      比べると出展料も決して安くないですし、販促でペイする事は出来ませんが
      周りもプロとして活躍している方が多いので、刺激も全然違いました。
      お客様もビジネスを念頭に来場している方がほとんどで、話が早いと言いますか…
      コツコツと訪問営業をするより格段負担は少ないのではないでしょうか。
      (デザフェスのお祭り感も楽しいんですけどね♪)


      では、来年も出展するかというと…私は様子を見ようと思います。
      どのくらい反応があるかを見たいのも有ります。
      今回の反省を生かした上でやってみたい気持ちもありますが…

      イベント自体への不満も少しだけ書いておきます。
      例えば、新規のクライアント確保が目的で参加している方がほとんどの中、
      顧客の招待を異様に勧めて来たり。集客は私たちの仕事ではない筈。
      また、会期前なのに次回の出展どうですかといった営業や、
      「準備進んでます?」といった正直必要?という…電話が頻繁に掛かってきたこと。
      あとは細かい事ですが、
      招待状がやたら重い事(クライントに送る時に重量がかかってしまう、メール便推奨)
      公式HPの出展者ページに、URLで各クリエイターのHP等のリンクを貼らない事
      搬入日は誰でも会場に出入りできる事(泥棒出そう…)
      搬出時にクーラー、照明を切ったのも心なく感じました(搬出までが会期では?)

      まだまだ2回しか開催していないイベントですから
      価値観の違いはこれから埋まって行くハズ…!!期待したいです。

      全体的にはとても充実した3日間になりました♪
      今後に生かせるよう、精進して参りたいと思います!





      イラストレーター
      尾田瑞季=Mizuki Oda=
      10月16日生/東京都在住
      新聞社のイラストレーターを経て、
      2011年よりフリーランスに。
      児童向け書籍を中心に活動中です。
      競馬の漫画も時々描いています。

      サラブレッドに魅了され、
      競馬は勿論、一口馬主もしています。
      現在ジェルネイルも修行中。



      qrcode

      無料ブログ作成サービス JUGEM